先輩社員紹介

知識の習得だけでなく
人間力が磨かれる事務所

2017年入社

入社のきっかけ

私は、福島県出身で、震災の年に大学に入学しました。そのため、入学当初から東北の中小企業を支えられるような仕事につきたいと漠然と考えておりました。

大学4年時の就職活動の際、中小企業を支えることができる仕事として、銀行業等に応募し、いくつか内定を頂くことができました。しかし、多くの方の話を聞き、お客様との距離感が近く、かつ、東北の中小企業に特化できる仕事とは何かと改めて考えた結果、この仕事を目指すことにしました。

当初、税理士事務所の仕事とは確定申告業務や記帳代行をメインに行っているというイメージがあったのですが、当社のホームページを見た際、業務の幅が多岐にわたっていることに驚きました。

当社で働くことができれば、お客様に対し、より多くの選択肢を提供でき、総合的に支援することができると思い、当社に応募致しました。

さらに、面接の際TKCの税理士事務所の基本業務である「巡回監査」について、記帳代行ではなく「提案型」の業務を中心に行うという当社の業務内容の説明を受け、お客様にとってより近い存在で働けることを実感すると共に、申告業務以外にも様々な観点から支援ができ、そのノウハウが多く蓄積されている当社で働きたいとの思いをより一層強くし、今現在に至っております。

税理士事務所で働く魅力

税理士事務所で働く魅力、そしてこの後藤総合税経で働く魅力は、一人の人間としての幅が大きく広がることだと思います。  特に、以下に挙げる3つの点で、大きく成長できると身をもって感じています。

「知識」の幅

当社の基本業務である「巡回監査」に伺う際、お客様から多くのご相談を受けます。相談内容も多岐に渡り、会計・税務だけでなく労務、不動産や保険、時には人事や経営方針などについてもご相談いただくことがあります。ご相談を受けた都度、自分で調べ、分からない部分については上司やその分野の専門家の方に質問をし、お客様に回答するという過程を繰り返し行うことにより、巡回監査を通して幅広い分野の「知識」が身につきます。

「思考力」の幅

税理士事務所の仕事の特徴の1つに、判断を伴う業務が多いことが挙げられます。ある取引の会計処理1つとっても、複数の選択肢の中から、お客様の業種、経営状態、税制改正等を踏まえた適切な判断をしなければなりません。また、お客様の会社がどうやったら良くなるのか、常に考えていく必要があります。そのため、自ずと「思考力」が鍛えられます。

「コミュニケーション」の幅

この仕事の大きな魅力は、多くの方と出会えることだと思います。私自身もこの仕事に携わり、関与先の経営者の方はもちろん、そこに勤めている社員の方々、銀行の担当者の方等、様々な職種、立場の方々とお会いすることができました。 日々の業務の中で、多くの人とお会いすることにより、相手の話を「聴く」力が身につき、お客様と密な「コミュニケーション」を取ることができるようになります。

私は入社して1年程しか経っておらず、一人前とは到底言えません。それでも1年前の自分自身と比較すると、当社で働き始めてから、一人の人間として、大きく幅が広がったと感じております。

挑戦者へのメッセージ

当社は、新卒、中途問わずやる気があれば働くことができる事務所です。私自身、新卒での入社で、セカンドキャリアの方が多い業界と聞いていたため、最初はとても不安でした。当然、最初は分からないことばかりでしたが、先輩方から優しく教えていただき、また、何かトラブルがあったときは、上司の方が同行していただけるなど、社内全体でフォローしてもらいました。

当社は意欲があれば、自分のやりたい業務に携わらせていただける土壌が整っています。その分、大変なこともあるかもしれませんが、そこで得られるやりがいや多くの経験を入社1年目から実感できる会社は少ないと思います。

私たちの仕事は、多くの人と出会えることができ、また、日々成長が実感できる仕事です。少しでも興味がある方は、ぜひ当社にご応募ください。一緒に働けることを楽しみにしています!