相続・事業承継に関するご相談

相続・事業承継に関する業務

相続について不安な方へのお手伝いをさせていただきます。 先祖代々受け継いできた資産又は企業をどのように承継するかは、最も頭の痛い問題の一つではないかと思います。私共はそのような方々について現状を分析し、円滑な承継と相続対策の立案・実行のお手伝いをさせていただいております。

ご相談ケース例

ケース1個人(家庭)の相続対策を考えているケース

img
自分にもしものことがあった時、家族が遺産争いをしないようにしたい~

事前に個人の相続を考える場合は、被相続人様がどのような相続を行いたいかという意思を明確にすることが大切で、そのためにはある程度の知識や時間が必要となり、すべてを一人で決断するのは困難です。
私たちは、被相続人の意思表示をしっかりと行い、相続人の方の気持ちも大切にできる相続を実現したいと考えております。

当社のお手伝いと考え方

・被相続人様の気持ちを尊重しながら、順を追って納得できる相続の準備ができるように支援します。
・所有財産をお調べし、それらを正当に評価した上で資産総額の相続税を算定します。
・相続が発生した際やその後のご相談はもちろん、長期的な節税対策の立案、実現を支援します。

他にもこのような不安はございませんか?

・相続税の負担が少ない生前贈与の仕方がわからない
・財産を平等に相続する方法がわからない
・土地を贈与したいが、その土地を相続人に有効活用してもらう方法を知りたい

相続は様々なケースがあり、その対応策も様々です。当社では、ご相談者様の状況に合った最適な対策を見極め、効果的で適正、かつ短期間での相続を実現します。

ケース2会社の相続対策(事業承継)を考えているケース

img
できるだけ負担の軽い方法で会社を息子に引き継ぎたい~

このケースで問題となる例として、自社株の問題が挙げられます。自社株の価値が高いことで相続税の負担が大きくなり、結局どのような方法で相続すれば良いのかわからないという相談も寄せられます。 自社株の問題に限らず、事業継承は特に相続税の負担が大きくなる可能性があります。 このリスクを減らすためには、なるべく早い段階で会社の総資産を把握し、評価しておくことが必要です。

当社のお手伝いと考え方

・自社株の現状分析及び将来の株価を予想します。
・自社株及び他の財産を含めた資産総額の相続税を算定します。
・自社株の事前対策及び後継者への移転についての立案と実行を致します。

他にもこのような不安はございませんか?

・事業承継の時期はいつ行うのが良いだろうか?
・将来の相続を考えて、後継者に確実に事業承継する方法がわからない。
・名義借りの株式があるが、どうやって整理すればいいのかわからない。

私たちは、後継者の育成や事業計画の再編など、様々な観点から次世代の経営を十分に考慮した事業承継を実現していきます。

ケース3個人(家庭)の相続対策を考えているケース

img
父親が亡くなり遺産があるが、何をすればいいのかわからない~

すでに相続が発生している場合は、相続人となる人は誰なのか、遺産の内容は何なのかなどの相続環境をしっかりと調査することが重要です。 正しく相続環境の調査・評価を行うために、司法書士や弁護士などの専門家とも連携を取り、円滑な相続へ導きます。 様々なトラブルの対応はもちろん、遺産分割後の相続税申告や諸手続きなど、期間内に相続のすべてが完了するよう支援します。

当社のお手伝いと考え方

・所有財産をお調べし、それらを正当に評価した上で資産総額の相続税を算定します。
・専門家との連携により、必要と判断する場合には調停の手続きなども行います。
・事前対策及び相続後の納税相談や、申告手続きなど、期間内に相続のすべてが完了するよう支援します。

他にもこのような不安はございませんか?

・相続税はいくらかかるのだろう?安くする方法はないのだろうか?
・土地はどのように相続するのだろう?
・亡くなった父親に借金があるが、相続しなけければならないのだろうか?

私たちは、相続税などの資金面だけでなく、相続人の方が納得する円滑な相続を実現できるよう、あらゆる面で一貫した支援を行ってまいります。